年代問わず被れるキャップの秘められた魅力と特徴とは

Cap

キャップはオシャレだけではない

キャップは若者にとどまらず、幅広く愛用されています。わたしは子供のころにかぶっていた記憶があるのですが、大人になってからはコーディネートが難しく、なかなか手を出せずにいました。
そんなわたしの母親は、60歳を過ぎた今でも長年愛用している一人です。他の帽子はあまりかぶらず、冬でもニット帽ではなくキャップをかぶっているような人です。キャップの良さを聞いたところ、メガネをかけているため、キャップのツバがあることで、メガネが汚れづらいと言っていました。そういった使い方もあるようです。今年の夏にはキャップデビューしてみたいと思っています。この前かわいいキャップを見つけたのです。デニム生地のキャップでした。シンプルやナチュラルコーデが多いわたしにも、合わせやすそうなキャップでした。
主人は帽子がとても似合わない人なのですが、不思議とキャップだけは似合います。顔立ちによってなのでしょうか。そのため、夫婦おそろいで被ったり、お互いが被れるキャップをたくさん集めて借りたり貸したりしながら被るのも楽しいかなと思っています。子供も1歳半になり、これから夏になるため日焼け帽子は必須です。かわいいキャップを見つけて親子コーデもしたいです。

PICK UP

NEWS

2017年06月14日
キャップはオシャレだけではないを更新しました。
2017年06月14日
ワークキャップは普段のおしゃれでも活躍するを更新しました。
2017年06月14日
ベースボールキャップの特徴とはを更新しました。
2017年06月14日
スポーツブランドのキャップは入手しやすいを更新しました。
TOP