年代問わず被れるキャップの秘められた魅力と特徴とは

Cap

ベースボールキャップの特徴とは

深くかぶることが出来る丸いクラウン型の帽子であるベースボールキャップは、キャップの種類の中でも幅広い世代の人に人気があります。普通は野球チームのロゴが入っているものをイメージしますが、ロゴ無しでも同じような形であればベースボールキャップと呼ばれます。
バイザーは前方だけに付いており、後ろの部分にアジャスターが付いているものであれば、頭の大きさによってサイズを調整することが出来ます。一般的にベースボールキャップは、丸顔や面長の顔立ちの人によく似合うと言われていますが、普通の輪郭であればどんなタイプの顔立ちの人でも似合うキャップです。バイザーが水平になっているものをかぶると小顔に見えやすいという効果もあります。
また、顔立ちがあまり濃くない人はシンプルなデザインのもの、濃い顔立ちの人には色々なデザインが施されたものの方がよく似合うでしょう。かぶり方についても斜めや後ろ向きにかぶることでちょっとやんちゃな雰囲気やヒップホップな雰囲気を演出できたりもします。最近では真っ直ぐ浅めにかぶるかぶり方が流行っているようです。似合う服装としてはストリート系のコーディネートの他に、ジャケパンスタイルなやきっちり目の服装をカジュアルに見せるのにもおすすめです。

PICK UP

NEWS

2017年06月14日
キャップはオシャレだけではないを更新しました。
2017年06月14日
ワークキャップは普段のおしゃれでも活躍するを更新しました。
2017年06月14日
ベースボールキャップの特徴とはを更新しました。
2017年06月14日
スポーツブランドのキャップは入手しやすいを更新しました。
TOP