年代問わず被れるキャップの秘められた魅力と特徴とは

Cap

ワークキャップは普段のおしゃれでも活躍する

もともとは鉄道作業員用の帽子として作られていたワークキャップは、手軽に自然な雰囲気を醸し出せることから、普段のおしゃれアイテムの一つとして取り入れているという人も多いのではないでしょうか。形状としては頂点がフラットに作られており、前方のバイザーが曲がっています。
ワークキャップという名称の他にミリタリーキャップという呼ばれ方をしていることも多く、無地カラーやカモフラージュ柄、チェック柄など様々なデザインのものがあります。きれいめの服装をカジュアルな雰囲気にしたり、アウトドアスタイルに適していたりと幅広いコーディネートに応用することができます。基本的にどのような顔立ちの人でもすんなり似合うという高い汎用性を持っているので、初めて帽子を購入しようとする人におすすめです。強いて言えば、逆三角形や四角形の顔の形の人にはよく似合うでしょう。
また顔立ちの特徴に応じて、次のようなデザインのものを選ぶことで顔の特徴を自然なものにしてくれます。例えば顔が大きめの人なら、バイザーの曲がり具合が弱いものや幅が広いものを選べば小顔効果を発揮してくれます。面長の人であればバイザーが普通の帽子と同じくらいの長さのものを選ぶようにすれば、顔の特徴を目立たなくしてくれるでしょう。

PICK UP

NEWS

2017年06月14日
キャップはオシャレだけではないを更新しました。
2017年06月14日
ワークキャップは普段のおしゃれでも活躍するを更新しました。
2017年06月14日
ベースボールキャップの特徴とはを更新しました。
2017年06月14日
スポーツブランドのキャップは入手しやすいを更新しました。
TOP